客層チェックが着物買取の査定にも反映される

着物買取店としてより、リサイクル店として機能する店舗は、着物をクリーニングした後、再販するケースが挙げられますが、人気の色柄は浴衣同様に花柄とも言われています。
着物も季節に応じた着こなし方となり、季節感が一目で分かる柄が人気取りしています。
例えば、梅は高潔や上品さなどがイメージされ、牡丹は富貴のイメージで、冬から初春に人気の柄です。
また、着物買取での業者によっては、市場や時代のニーズなどによって査定額を算出しますが、店舗によっては、客層から算出しています。
特に古着を好む店舗では、色柄で査定額がアップダウンすることも少なくありません。
例えば、椿の柄の着物でも、花びらの色も赤や白、ピンクに分けることができ、それぞれのカラーイメージも同じデザインであっても異なります。
和柄ファッションに関心が深いこともあり、帯にしても、柄入りなどは若い年代で人気で、客層によっても価格は違ってくるため、買取サービスを利用するならば、まずは、店の客層をチェックするのも得に繋がる内容です。

none